どの資格でも誰でも使える普遍的な合格ノウハウ







トップページ » 高確率合格法の論理 » 特徴・ノウハウ

資格試験高確率合格法の特徴

高確率合格法のポイントを4つに整理して説明していきます。

どれも単純なことですが、シンプルであるが故にパワフルであるというのもまた事実。

高確率合格法は、シンプルな法則に支えられているからこそ、圧倒的な効果を生み出すことができるのです。

 1.合格者の生の声に基づいた合格法

一般的に、これから資格試験の受験を考えている、あるいは、既に学習を始めているがもっと効率的な学習方法を知りたい、というような場合には、次の3つの方法により情報収集を行うことができます。

  • 書籍を買うことにより合格者の合格体験記あるいは合格法を読む
  • 資格の受験予備校に行って合格するための情報を聞く
  • 自分の周りにいる合格者に会っていろいろな話を聞く

1.や3.の方法で得られる情報は、属人的な合格情報ばかりです。参考にはなりますが、自分と全く同じ境遇の人を探すのは難しく、また、そもそもの学習レベルの前提が一緒であることはほとんでありません。また、失敗体験の情報を収集するのは非常に困難です。

2.の方法で得られる情報は、特定の資格試験に関する「学習内容」が中心です。例えば、そのスクールのテキストの内容やどのような考え方に基づいて教材やカリキュラムが構成されているかの情報です。あなたが欲しい「実際に合格するための学習ノウハウや合格法」はそれほど提供してくれません。その理由は、資格スクールが提供する内容は「学習内容」であって「学習ノウハウ」ではないからです。

高確率合格法が提供する合格法のノウハウは、1~3の全ての情報に基づいています。管理人は100冊以上の合格本を読んでおり、実際に指導した受験生から直接生の声を収集しています。さらに、有資格者からどのような学習方法で合格したのかというヒアリングを膨大に行っています。

2.不合格者による豊富な失敗体験

多くの受験者は、合格者の合格方法にのみ着目します。

しかし、忘れてはならないのが、その合格方法や合格ノウハウというのは、試行錯誤の中で生まれていると言う事実です。
誰でも、最初から上手くいくということは少なく、ほとんどが失敗の連続です。

その失敗の積み重ねの中から、意識的か無意識的かは別として、自分にとって効果的な合格法を導き出しているのです。

不合格情報は特に重要ですから、不合格者の失敗体験を徹底分析する、で詳しく述べていきます。

いずれにしても、資格試験は全員が合格する試験ではありません。
高確率合格法を実践しても全ての受験生が合格できるわけではありません。
しかし、その不合格の情報が、日々高確率合格法を進化させ、不合格者もその進化した高確率合格法を徹底活用することで合格を勝ち取っています。

3.特定の資格試験に偏っていない

多くの合格法は、特定の資格試験に限定された方法です。しかし、高確率合格法では、現在確認されているだけでも20種以上の資格試験の合格・不合格情報を収集して構成されています。

これは、

  • 資格試験の合格法は資格試験の内容や形式に依存せず普遍的である
  • 資格試験の合格法はノウハウかつテクニックであり、特定の資格試験に限定されない
  • 資格試験の合格者はその多数が他の資格試験にも挑戦し合格する

という背景に基づいています。

乱暴に言ってしまえば、難関試験と言われる資格試験だろうが、初心者中心の検定だろうが、合格のための学習方法は同じである、ということです。しかも、試験の内容や形式も関係ありません。このことは、逆に言えば「資格試験の合格法はスキルである」ということができます。

高学歴の受験生が短期間で一発合格したりするケースは多いですが、これはその人の属人的要素によるものです。その属人的要素の中心は、頭の良さという抽象論ではなく「受験のテクニック(スキル)を身に付けている」ということに集約されます。

難関である高校や大学に入学するためには、それなりの勉強をこなさない限り合格は難しいでしょう。そのような難関試験をいくつもパスしてきた人は、凡人の立場で見ると天才としか思えませんが、実際はある種の「合格のためのテクニック」を自然に身に付けているのです。記憶のメカニズムから言って、人間の記憶力というのはそれほど人によって差がないことが分かってきているのです。

高確率合格法では、様々な資格試験の合格者・不合格者の情報をミックス・分析し、ある共通点を抜き出したノウハウですから、資格試験に留まらずあらゆる試験で活用できます。一度身に付けてしまえば、同じ要領で試験学習をするだけで、合格を目指すことが可能なのです。

4.多数の実際の合格者を輩出している

合格体験記や合格本は多くありますが、それを実際に活用してどの程度の合格者が輩出されたのかはそれほど明らかにされていません。高確率合格法は実践主義を貫いています。過去に数多くの合格者を輩出した経緯を持ち、その膨大な情報がデータとして蓄積されています。資格試験の合格者の生の声で紹介しています。

現在でも実践者は多く、そのノウハウは様々なシーンで活用されています。あなたが高確率合格法を身に付けることができれば、資格試験以外でも会社の試験などあらゆる試験での活用が期待できます。

以上のように高確率合格法は特定の属人的な合格ノウハウではありません。また、特定の試験だけに適用可能な合格法でもありません。数多くの資格試験の合格者の合格要因を分析し、そこに多くの不合格者の「失敗体験」を付加し、その共通部分を抜き出した普遍的な合格ノウハウであり合格法です。

管理人が直接合格者から合格情報を入手し、逆に不合格者からは失敗体験である不合格情報を随時かつ直接入手して構成されています。また、机上の空論ではなく、全てが現実に実践かつ効果が確認されている合格法です。

さらに、管理人はアドバイザーとしての経験を持つため、合格者あるいは不合格者とともに学習開始から本試験日までの長期的な過程を互いに共有しています。合格者が学習途中で何に悩み、どうそれを克服したか、など、高確率合格法が提供する情報はフィルターにかかることのない生の情報によって構築されています。




合格体験記から学ぶこと

合格者に共通する特性



初めての方へ

当サイトは膨大なコンテンツがあります。
超高確率合格法では短期合格のノウハウを紹介していますので、全てお読みになることをオススメします。
公務員や販売士検定を狙っている方は、そのままコンテンツページを参照していただいて大丈夫です。
サイトの全体像はサイトマップを参照してください。