労働基準監督官の受験情報-難易度/年齢制限/倍率/予備校

労働基準監督官受験情報







トップページ » 公務員試験超高確率合格法 » 労働基準監督官の受験情報

労働基準監督官

1.試験分析

公務員試験の概要(受験者の傾向)

厚生労働省、都道府県労働局、労働基準監督署などに勤務して、労働者の法定労働条件の確保につとめるのが主な業務。国家公務員の行政職の中で、専門職、すなわちスペシャリストに位置づけられる。

労働条件などは労働基準法等により様々な規定があるが、それらの法を知り尽くしたプロフェッショナルと言える。近年、労働者の労働環境は改善の兆しが見られるものの、まだまだ全般的には労働条件を正確に守られているとは言えない。

一般的に労働者は不利な立場に置かれることが多く、社会問題になった「派遣労働者」を考えても、今後は労働基準監督官の担う役割は大きい。

難易度・受験倍率

国家公務員の中で、国家総合職・一般職に比べると専門分野が強いため、受験者はそれほど多くはない。その代わり、明確な目的を持って受験する受験者が多いことから、合格の難易度は高い。

受験倍率は年度により大きく異なり、平成24年度はA(法文系)区分で57.5倍と極めて高い倍率であったが、平成27年度はA(法文系)区分で4.9倍と低い倍率になっている。これは、採用者数が年度によって大きく異なることが要因となっている。なお、専門性が強いため、冷やかしや試し受験は少ない傾向にある。試験には区分が設けられており、A(法文系)とB(理工系)の2つがある。

労働基準監督官という強い専門性を持った試験であり、受験生の目的意識は強い。労働基準監督官を狙う場合には、専門試験に対応できる実力を養うためにも、独学ではなく公務員受験予備校などを活用した方が良い。

合格者・訪問者オススメの公務員試験資料
無料公務員講座資料

公務員試験の最新情報は逐次変わっています。それらを最も早くキャッチしているのが、公務員受験予備校や資格学校です。

資格学校の公務員講座資料を請求すると、最新の公務員試験情報に加え、様々な情報を無料で入手することができます。合格者の声や勉強方法、過去問、法改正情報などは公務員試験についての中身をより深く知るということの他に、どの公務員試験を受験するのかどうかの最終決定を行う上でも非常に重要です。

実際の合格者と当サイトの訪問者が推奨する資料は、全て無料で、かつ、有益な情報をあなたにすぐ届けてくれる情報の宝庫。学校によっては、割引のクーポン券や公務員データブックなどももらうことができます。最新情報をまずは無料で入手してください。あなたには何の負担もなく、安心して請求できます。

 » 【無料で資料請求できる】オススメの公務員講座資料へ

2.試験情報

受験資格

・試験年度の4月1日における年齢が、21歳以上30歳未満の者
・試験年度の4月1日における年齢が、21歳未満の者で次に掲げる者
①大学を卒業した者及び試験年度の3月までに大学を卒業する見込みの者
②人事院がアに掲げる者と同等の資格があると認める者

試験区分

労働基準監督官A(法文系)

労働基準監督官B(理工系)

試験科目

[1次試験] ①基礎能力試験(多肢選択式)、専門試験(多肢選択式)、専門試験(記述式)
[2次試験] 人物試験、身体検査

申込期間

例年4月初旬
※他の公務員試験よりも早いので注意が必要

試験日

[1次試験] 5月下旬
(平成28年度は5月29日(日))
[2次試験] 人物7月中旬
(平成28年度は7月13日~7月20日)

試験地

[1次試験] 札幌、仙台、秋田、東京、新潟、名古屋、金沢、大阪、松江、広島、高松、松山、福岡、熊本、鹿児島、那覇
[2次試験] 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、熊本、那覇

合格発表

[1次試験] 6月下旬
[2次試験] 8月下旬

おすすめの公務員受験予備校・公務員専門学校


 »  【無料で資料請求ができる】オススメの公務員受験予備校・公務員専門学校




国家公務員

国家公務員(専門職・特別職)

地方公務員

警察官・消防官


初めての方へ

当サイトは膨大なコンテンツがあります。
超高確率合格法では短期合格のノウハウを紹介していますので、全てお読みになることをオススメします。
公務員や販売士検定を狙っている方は、そのままコンテンツページを参照していただいて大丈夫です。
サイトの全体像はサイトマップを参照してください。