衆議院事務局職員の受験情報-難易度/年齢制限/倍率/予備校

衆議院事務局職員採用試験受験情報







トップページ » 公務員試験超高確率合格法 » 衆議院事務局職員の受験情報

衆議院事務局職員

1.試験分析

公務員試験の概要(受験者の傾向)

衆議院事務局が独自に実施している国家公務員採用試験であり、あまり存在は知られていない。衆議院事務局職員(総合職(大卒程度)、一般職(大卒程度・高卒程度)、技術職、衛視)として採用された場合には、身分は国会議員(特別職国家公務員)として保障されることになる。

業務内容は、衆議院の議会運営、法案調査の事務、一般事務などに従事することになる。まさに、衆議院を支える裏方の仕事である。

難易度・受験倍率

試験のレベルは、大学卒業程度と、短大・高校卒業程度に採用区分がされている。

いずれの試験も超難関。受験者の人数も少ないが、合格者の人数が1名などと1桁台が通常である。そのため、地味な公務員試験でありつつも合格のハードルは極めて高い。

合格者・訪問者オススメの公務員試験資料
無料公務員講座資料

公務員試験の最新情報は逐次変わっています。それらを最も早くキャッチしているのが、公務員受験予備校や資格学校です。

資格学校の公務員講座資料を請求すると、最新の公務員試験情報に加え、様々な情報を無料で入手することができます。合格者の声や勉強方法、過去問、法改正情報などは公務員試験についての中身をより深く知るということの他に、どの公務員試験を受験するのかどうかの最終決定を行う上でも非常に重要です。

実際の合格者と当サイトの訪問者が推奨する資料は、全て無料で、かつ、有益な情報をあなたにすぐ届けてくれる情報の宝庫。学校によっては、割引のクーポン券や公務員データブックなどももらうことができます。最新情報をまずは無料で入手してください。あなたには何の負担もなく、安心して請求できます。

 » 【無料で資料請求できる】オススメの公務員講座資料へ

2.試験情報

受験資格

【総合職】
・試験年度の4月1日において、21歳以上30歳未満の者
・試験年度の4月1日において、21歳未満の者で、次に掲げる者
①大学を卒業した者及び受験年度の3月までに大学を卒業する見込みの者
②衆議院事務局が①と同等の資格があると認める者

【一般職(大卒程度)】
・試験年度の4月1日において、21歳以上30歳未満の者
・試験年度の4月1日において、21歳未満の者で、次に掲げる者
①大学を卒業した者及び受験年度の3月までに大学を卒業する見込みの者
②衆議院事務局が①と同等の資格があると認める者

試験区分

総合職(大卒程度)、一般職(大卒程度)、一般職(高卒程度)、衛視、技術職(一般職(大卒程度))

試験科目(一般職(大卒程度)の場合)

[1次試験] ①基礎能力試験(多肢選択式)、専門試験(多肢選択式)
[2次試験] ①論文記述式
[3次試験] ①個別面接試験

申込期間

例年4月初旬
※他の公務員試験よりも早いので注意が必要

試験日

[1次試験] 5月中旬
(平成28年度は5月14日(土))
[2次試験] 6月中旬
(平成28年度は6月11日(土))
[3次試験] 8月中旬
(平成28年度は8月17日~25日)

試験地

東京

合格発表

[1次試験] 5月中旬
[2次試験] 7月上旬
[3次試験] 9月上旬

おすすめの公務員受験予備校・公務員専門学校


 »  【無料で資料請求ができる】オススメの公務員受験予備校・公務員専門学校




国家公務員

国家公務員(専門職・特別職)

地方公務員

警察官・消防官


初めての方へ

当サイトは膨大なコンテンツがあります。
超高確率合格法では短期合格のノウハウを紹介していますので、全てお読みになることをオススメします。
公務員や販売士検定を狙っている方は、そのままコンテンツページを参照していただいて大丈夫です。
サイトの全体像はサイトマップを参照してください。