どのくらいの学習期間で公務員試験に合格可能でしょうか(国家一般職・地方上級)

公務員試験ってどのくらいの学習期間で合格できるのか







トップページ » 公務員試験超高確率合格法 » どのくらいの学習期間で公務員試験に合格可能でしょうか(国家一般職・地方上級)

どのくらいの期間で合格可能でしょうか

やり方にもよりますが3ヶ月~6ヶ月程度です

公務員試験の上級職(国家Ⅱ種・地方上級)の場合の平均的な合格可能勉強期間は6ヶ月程度です。もちろん、勉強のやり方やどのくらい勉強時間を確保できるかによっても変わってきますが、経験上半年あれば合格には十分な期間と言えます。

これは、学生であっても社会人であってもそれほど変わりません。学生や無職の方であれば、3ヶ月程度の期間があれば合格を目指すことができます。国家Ⅱ種・地方上級(県庁上級、市役所上級)の行政職では出題内容がほぼ同じですから、複数の試験を一度に合格することもできます。

学生や無職の方は、比較的時間を自由に使えるので、毎日6時間程度勉強したとすると、3ヶ月程度の時間が必要になり、およそ500時間程度が一つの目安になります。
社会人の方であれば、毎日2時間、週末の土日は10時間程度の学習を覚悟すれば、半年程度で同様の勉強時間を確保することができます。

専門分野により学習時間は変わる

注意したいのは、自分の専門分野(大学などでどのような科目を専攻したのか)や、得意分野により大きく勉強時間や各科目に割く時間配分が変わることです。

例えば、法学部在籍あるいは出身の方は法律は得意である可能性が高いですが、経済学などはマスターするまでに時間がかかることがあります。同様に、経済学部の方は法律をマスターするのに時間を要する場合があります。

これらの自分の得意・不得意をしっかりと考慮して、各科目ごとにかける勉強時間のウエイトを明確にしておく必要があります。この配分を無視して、自分の得意な勉強科目などに偏って公務員試験の勉強を進めたりすると、科目ごとの得点力で差が開いてしまいます。

ただでさえ科目数の多い公務員試験ですから、全科目満遍なく得点できる力が必要です。得意・不得意をなくして、均等に得点を伸ばすことができるようにしてください。その意味では、全体の勉強時間よりも、科目ごとにしっかりと点を積み上げることができようにすることが合格の秘訣となります。あくまで、3ヶ月~6ヶ月というのは平均的な学習時間であることを理解ください。

また、非効率な勉強方法では合格までに長期化を余儀なくされる可能性があります。効率的な勉強方法を取ることで、短期で合格できる「正しい公務員試験の勉強のやり方」を行うようにしてください。




公務員試験に関するよくある質問


初めての方へ

当サイトは膨大なコンテンツがあります。
超高確率合格法では短期合格のノウハウを紹介していますので、全てお読みになることをオススメします。
公務員や販売士検定を狙っている方は、そのままコンテンツページを参照していただいて大丈夫です。
サイトの全体像はサイトマップを参照してください。