公務員面接試験質問集(行政・時事)|公務員試験面接対策

公務員面接試験の時事ネタに関する質問







トップページ » 公務員試験超高確率合格法 » 公務員面接試験質問集(行政・時事)

普段から考えておく必要がある行政・時事ネタ

行政については、これから公務員として働くということを考えるとしっかりとした考えを持っておく必要があります。自分の志望する団体はもちろん、国家・地方・地域などマクロからミクロまで広い視点で考え方を押さえておきましょう。

自分が受験するのが国家公務員だったとしても、地方公務のことを、逆に地方公務員志望であっても、国家公務のことを関連付けて考えておくことがポイントです。

時事については、少なくても新聞は毎日読んで、タイムリーな話題は押さえておきましょう。何が聞かれるか皆目見当が付きませんが、相当に有名な話題を知らないと言うのでは、あまり好ましくありません。まずは細かいことではなく、大局的に経済などについて押さえていくことが必要です。(この辺は、筆記試験でも必要になる知識です)

以下には、時事的なものはその年その年でタイムリーなネタが変わるため、従来から言われ続けていることをピックアップしました。他にも無数に質問は作ることができます。

行政・時事に関する質問の具体例

  • 行政はどうあるべきか
  • 行政においてスピードと正確さのどちらが大事か
  • 公務員の仕事は国民生活にどのように役立つか
  • 住民と行政が対立したときにどうするか
  • 良い職員の定義とは
  • 公務員のどんな点が男女平等なのか
  • 公務員の労働基本権について
  • 公務員には労働三権が保障されていないことについての意見
  • 行政改革について
  • 公務員のコスト意識について
  • 規制緩和について
  • 現代の福祉制度で改善すべき点
  • 少子化について
  • 高齢化について
  • 携帯電話のマナーについて
  • インターネットについて
  • 中小企業問題について
  • 景気の予測
  • 公務員批判についての意見



公務員試験の面接対策(面接編)


初めての方へ

当サイトは膨大なコンテンツがあります。
超高確率合格法では短期合格のノウハウを紹介していますので、全てお読みになることをオススメします。
公務員や販売士検定を狙っている方は、そのままコンテンツページを参照していただいて大丈夫です。
サイトの全体像はサイトマップを参照してください。