安定した給料と福利厚生の公務員|公務員試験の特徴

充実した福利厚生が魅力の公務員







トップページ » 公務員試験超高確率合格法 » 安定した給料と福利厚生の公務員

公務員試験の人気の秘密

安定した給料と充実した福利厚生、これが正直言って公務員試験の人気の秘密ではないでしょうか。

もちろん、地域社会や地域住民に直接貢献できるという仕事上のやりがいも大きいですが、待遇面での良さが公務員人気を支えています。

待遇の中でも、安定というのは非常に重要なキーワードです。

特に、女性にはこの安定が人気となっており、自分自身の安定を求め公務員を目指す人もいますし、結婚相手となる相手を公務員の人にしたい、という人も多いようです。

経済環境により人気度が変わる

なぜ公務員試験は人気なのか公務員(試験)は基本的にその安定性から常に人気があります。特に、経済環境の変動により不景気になってくるとその人気はさらに強固なものとなります。特に、現在のように百年に一度の不況などと言われる環境においては公務員になりたい人が増加傾向、親が子供の就職先として公務員試験の受験を進めるケースも少なくありません。

一方、バブル期に象徴されるように、景気の良いときには、民間企業の方に人気が高まる傾向があります。民間企業の場合、極端な話、給料に上限はありません。会社の業績が良ければ、若くして相当高額な給料を手に入れることも可能です。

公務員の場合には、主体が行政であり、業績が良くなる、つまり売上が増えているというようなことはありません。ですから、どんなに経済環境が良くても、公務員の給料は跳ね上がると言うことはありません。あるとしても、貨幣価値の変動に合わせて、水準が微妙に変化する程度。ですから、年功序列(年齢と給料の額が一致している)の給料体系になっている訳です。

民間企業であれば、がんばればがんばった分だけ評価されたり、給料も大きく差がついたりするものですが、公務員の場合はそれもあまりありません。業務の性質上、評価を行うと言うことがそう簡単ではないからです。その意味でも、横並びの給料である、つまり安定しているわけです。大きく下げられることもないということになりますので。

民間企業と公務員、給料面では必ずしもどちらが良いというわけでもありません。どちらも、一長一短はあるからです。

最大の安定は潰れないから

公務員は安定している、これは給料面だけではありません。つまり、公務員として働く職場は基本的にはなくならない前提があるからです。民間企業であれば、会社が倒産することは珍しくありません。いくら給料をたくさんもらっていても、いきなり明日倒産することもあり得ます。一方、公務員の場合には民間企業と違って潰れるという前提はありません。なくなることはありますが、整理統合されるのが常であって、働く場所がなくなるわけではないのです。

その意味で、公務員は安定した地位を有すると言われます。普通に勤務している限り、解雇ということもありませんし、職場がなくならないとすれば、一生働くことができるわけです。

福利厚生も充実していますから、女性が産休を取ってその後また働き出すということも当然のように行われています。この点はまだまだ民間企業は遅れていますので、公務員が女性に人気がある理由も分かると言えます。




公務員試験の特徴を知る


初めての方へ

当サイトは膨大なコンテンツがあります。
超高確率合格法では短期合格のノウハウを紹介していますので、全てお読みになることをオススメします。
公務員や販売士検定を狙っている方は、そのままコンテンツページを参照していただいて大丈夫です。
サイトの全体像はサイトマップを参照してください。