BATIC(国際会計検定)のおすすめ資格学校・講座紹介







トップページ » 資格選び総合情報-資格試験比較ガイド » BATIC(国際会計検定)

BATIC(国際会計検定)

BATIC(国際会計検定)の受験情報と当サイトの合格者・訪問者が選ぶオススメの合格講座を紹介しています。

1.試験分析

受験者の傾向

BATICとは、Bookkeeping and Accounting Test for International Communication の頭文字を取ったもので、「国際コミュニケーションのための簿記会計テスト」のこと。日本で国際会計理論を実務面から習得できる初めての検定試験。英文簿 記や国際会計理論の習得を通じて、国際社会に通用する人材の育成が目的で、近年の国際会計基準の高まりによって注目を集めている検定試験。

TOEICのような形でスコア制になっている。1000点満点で、自分のスコアが集計され、スコアに応じて称号が与えられる。語学力を磨いておくことも重要になる。

採点方法

絶対評価によるスコア制

難易度

日本の会計理論や簿記などの知識があればそれほど難しくないとされる。問題文および解答は英語であるため、語学力がポイントになる。

2.試験情報

受験資格

誰でも受験できる

各級のレベル

級という概念はなく、スコア制である。スコアに応じて、段階別の称号が認定される。

1000点満点中、以下のスコアに応じて称号が与えられる。
・880~1000点 コントローラーレベル(Controller Level)
国際会計理論と基準を理解し、米国基準での財務諸表の作成、分析及び国内基準からの組替えができる。会計手続き、会計方針、内部統制組織の策定とその推進ができる。

・700~879点 アカウンティングマネジャーレベル (Accounting Manager Level)
国際会計理論(国際財務報告基準・米国会計基準)の基本的な部分を理解している。月次および年度の会計報告ができる。適切な決算修正、精算表、基本的な財務諸表の作成ができる。

・320~699点 アカウンタントレベル (Accountant Level)
ブックキーパーに対する簡単な指示、英語による会計帳簿の記帳および管理ができる。

・200~319点 ブックキーパーレベル (Bookkeeper Level)
基本的な会計取引を英語で理解できる。  

※200点未満の場合は称号は付与されず、得点のみの認定となる。
※Subject1がアカウンタントレベルに達しなかった場合、Subject2の得点は認定されない。
※Subject1でアカウンタントレベルに達した場合、Subject2受験時には、Subject2の得点に400点加算したものが認定得点となる。

試験内容

Subject1 (英文簿記) 配点400点
Subject2 (国際会計理論) 配点600点
※問題はマークシート方式による選択問題および記述問題が英語で出題される。

合格基準

スコア制による称号付与

試験日

7月、12月

試験地

全国の商工会議所もしくは商工会議所の指定する場所

受験料

Subject 1のみ5,400円、Subject 1・2同時10,150円、Subject 2のみ7,990円

BATIC(国際会計検定)講座-おすすめ資格学校・講座紹介

BATIC(国際会計検定)のオススメの通学講座・通信講座・通信教育をご紹介します。

当サイトでは、運営開始から毎日たくさんの方に訪問頂いており、様々な資格講座の情報や資格学校などの情報が蓄積されています。

その中で、実際に勉強をして合格を勝ち取った訪問者の方からの情報や、合格実績、教材の使いやすさなどを総合的に勘案して、「訪問者が選ぶおすすめの講座」をご紹介しています。もちろん、資格指導を実際に行い、自らもいくつもの資格を取得している管理人の評価も含んでいます。資料請求は無料で、さらに資料請求を行うことで様々な特典も無料でもらうことができる、優良講座だけを厳選してご紹介しています。

当サイト訪問者が選ぶ 人気の「BATIC(国際会計検定)講座」

【資格の大原】BATIC・英文会計知識を習得するなら

資格の大原会計系講座では業界トップクラスの資格の大原。特に簿記講座は毎回大量の合格者を輩出し、高い合格率を誇ります。もちろん、BATICの対応講座も人気があります。とにかく資料を請求してみてください。

管理人も実は資格の大原で日商簿記3級から勉強を始めて、日商簿記1級までを取得しました。大原の教材があれば他には何もいりませんので個人的にもオススメです。

無料資料請求はこちら » 【資格の大原】BATIC・英文会計知識を習得するなら

資格の学校TAC<BATIC(国際会計検定)>

資格の学校TAC会計系の難関資格では圧倒的な合格実績を誇る資格の学校TAC[タック」。TACでは様々な資格講座を開講していますが、BATIC講座はTACの会計や法律の様々なノウハウを活用した講座になっています。

TACのBATIC講座は、併せて日商簿記の資格を取得するコースもあります。また、日商簿記合 格者用の講座もありダブルで合格を目指すことができるようになっています。BATICが分かりやすく解説された詳しい資料を無料で送付してくれますので、 まずは資料請求してみて下さい。

無料資料請求はこちら » 資格の学校TAC<BATIC(国際会計検定)>

サイトだけの情報では完全ではありませんので、必ず資料請求をしてじっくりと内容を確認するようにしてください。当サイトの管理人は、どの資格試験を受験するにしても、最低3校は必ず資料を取り寄せます。(割引チケットなどの特典が同封されていることもありますのでお得です)

どの資格学校も資料は無料で送付してくれます。なお、資料請求を行っても電話勧誘はなく、個人情報の管理は細心の注意を払って行っている資格学校をご紹介しておりますので、心配ありません。





初めての方へ

当サイトは膨大なコンテンツがあります。
超高確率合格法では短期合格のノウハウを紹介していますので、全てお読みになることをオススメします。
公務員や販売士検定を狙っている方は、そのままコンテンツページを参照していただいて大丈夫です。
サイトの全体像はサイトマップを参照してください。