公認不正検査士(CFE)講座のおすすめ資格学校・講座紹介







トップページ » 資格選び総合情報-資格試験比較ガイド » 公認不正検査士(CFE)

公認不正検査士(CFE)

公認不正検査士(CFE)の受験情報と当サイトの合格者・訪問者が選ぶオススメの合格講座を紹介しています。

1.試験分析

受験者の傾向

CFEは、米国の公認不正検査士協会(The Association of Certified Fraud Examiners,略称ACFE)が認定する資格。CFEはCertified Fraud Examinerの略号で、日本語では公認不正検査士と称されている。公認不正検査士(CFE)は不正の防止、発見、抑止の専門家として注目されており、組織内の不正撲滅への取 り組みにおいてリーダーシップを発揮する存在。 最近多発している会計不正スキャンダルを反映して、官民を問わず世界中の組織が、従来以上にCFEの能力を必要としている。

CFEは会計、内部監査、法律、コンサルティング、警察、リスクマネジメント、損失防止などの様々な専門分野において活躍しており、現在世界120国以上に4万の会員がおり、1万5000人以上の公認不正管理士が不正の撲滅に取り組んでいる。

具体的に公認不正検査士(CFE)が備えている能力は以下の通り。

・不正実行の手法および発見方法の理解
・不正な取引検出のための、帳簿、記録の精査
・情報や自白を得るため効果的なインタビュー
・調査報告書の作成
・調査結果に基づく助言、裁判での証言
・不正の動機をもたらした根本的な要因への理解

取得までの流れ

  試験合格後、一定の認定要件をクリアしてCFEとなる

2.試験情報

資格の種類

民間団体による認定資格

受験資格

・公認不正検査士協会(ACFE)の会員(個人・法人)であること
・保有資格や実務年数などの算出基準により、40点以上の資格点数を保有していること

試験内容

4科目から構成されている

会計:財務取引と不正スキーム
法律:不正の法的要素
調査:不正調査
犯罪学:犯罪学と倫理

合格基準

各科目125問・各科目75%(94問以上正解)をもって合格(マークシートによる筆記試験)

試験日

年2回 春期・秋期 / 2日間(土曜日曜) / 各日2科目

試験地

一般社団法人 日本公認不正検査士協会が指定する東京試験会場および大阪試験会場で実施

公認不正検査士(CFE)講座-おすすめ資格学校・講座紹介

公認不正検査士(CFE)のオススメの通学講座・通信講座・通信教育をご紹介します。

当サイトでは、運営開始から毎日たくさんの方に訪問頂いており、様々な資格講座の情報や資格学校などの情報が蓄積されています。

その中で、実際に勉強をして合格を勝ち取った訪問者の方からの情報や、合格実績、教材の使いやすさなどを総合的に勘案して、「訪問者が選ぶおすすめの講座」をご紹介しています。もちろん、資格指導を実際に行い、自らもいくつもの資格を取得している管理人の評価も含んでいます。資料請求は無料で、さらに資料請求を行うことで様々な特典も無料でもらうことができる、優良講座だけを厳選してご紹介しています。

当サイト訪問者が選ぶ 人気の「公認不正検査士(CFE)講座」

資格の学校TAC 公認不正検査士(CFE)

資格の学校TAC会計系の難関資格では圧倒的な合格実績を誇る資格の学校TAC[タック」。TACでは公認会計士や税理士など難易度の高い会計系の資格試験で抜群の合格実績を上げています。

国際関係の資格講座にも力を入れており、公認不正検査士に関してはTACの独壇場ともいえます。テキストなども作りこみもなされているため、合格まで安心して学ぶことができます。

無料資料請求はこちら » 資格の学校TAC 公認不正検査士(CFE)

サイトだけの情報では完全ではありませんので、必ず資料請求をしてじっくりと内容を確認するようにしてください。当サイトの管理人は、どの資格試験を受験するにしても、最低3校は必ず資料を取り寄せます。(割引チケットなどの特典が同封されていることもありますのでお得です)

どの資格学校も資料は無料で送付してくれます。なお、資料請求を行っても電話勧誘はなく、個人情報の管理は細心の注意を払って行っている資格学校をご紹介しておりますので、心配ありません。





初めての方へ

当サイトは膨大なコンテンツがあります。
超高確率合格法では短期合格のノウハウを紹介していますので、全てお読みになることをオススメします。
公務員や販売士検定を狙っている方は、そのままコンテンツページを参照していただいて大丈夫です。
サイトの全体像はサイトマップを参照してください。