貿易実務検定のおすすめ資格学校・講座紹介







トップページ » 資格選び総合情報-資格試験比較ガイド » 貿易実務検定

貿易実務検定

貿易実務検定の受験情報と当サイトの合格者・訪問者が選ぶオススメの合格講座を紹介しています。

1.試験分析

資格の概要・受験者の傾向

貿易業務に発生する実務をこなすための知識や英語力を判定する検定試験が貿易実務検定である。試験のレベルは、A級・B級・C級の4種類がある。

通関に関する書類の作成はもちろん、英文ビジネスレター作成などにも強くなることが可能。通関士と併せて受験をする人も多い。

国際社会、グローバル化の進展などから貿易業務は増加している。通関士と貿易実務の有資格者は業界からのニーズも高く、就職や転職などには特に有利である。特殊な知識であるため、資格を有していることをアピールできるチャンスは多い。

採点方法

A級 各回毎の基準点
B級 210点(70%)を基準として試験委員長の定める点
C級 160点(80%)を基準として試験委員長の定める点

難易度

B級・C級の合格率は40~50%であり、それほど難易度は高くない。

A級については、5~6%と10%を切っており非常に高い難易度となっている。

まずはC級、B級から始めていってレベルアップしていくことが望ましい。(ただし、各級ともに受験資格は存在しないためいきなりA級を受験することも可能。)B級・C級であれば、2~3ヶ月で合格レベルに到達することができる。

2.試験情報

受験資格

誰でも受験できる

試験内容

[A級] おおむね3~4年以上の実務経験レベルで、貿易実務で判断業務を行う能力を有することが証明される

[B級] おおむね1~3年以上の実務経験レベルで、定型業務に加えて実務上の手続きの法的根拠、全体のしくみなどを理解して業務をこなす能力を有することが証明される

[C級] おおむね1~3年以上の実務レベルで、定型業務をこなすために必要な知識を有することが証明される

試験科目

[A級] ①貿易実務、②貿易マーケティング、③貿易実務英語
[B級] ①貿易実務、②貿易マーケティング、③貿易実務英語
[C級] ①貿易実務、②貿易実務英語

試験日

年間5回程度実施
※ただし、級により実施しない回がある

試験地

仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄など

受験料

[A級] 12,343円
[B級] 7,150円
[C級] 5,980円

貿易実務検定講座-おすすめ資格学校・講座紹介

貿易実務検定のオススメの通学講座・通信講座・通信教育をご紹介します。

当サイトでは、運営開始から毎日たくさんの方に訪問頂いており、様々な資格講座の情報や資格学校などの情報が蓄積されています。

その中で、実際に勉強をして合格を勝ち取った訪問者の方からの情報や、合格実績、教材の使いやすさなどを総合的に勘案して、「訪問者が選ぶおすすめの講座」をご紹介しています。もちろん、資格指導を実際に行い、自らもいくつもの資格を取得している管理人の評価も含んでいます。資料請求は無料で、さらに資料請求を行うことで様々な特典も無料でもらうことができる、優良講座だけを厳選してご紹介しています。

当サイト訪問者が選ぶ 人気の「貿易実務検定講座」

資格★合格クレアールの貿易実務

クレアール非常識合格法で短期合格者を輩出し続けるクレアールアカデミーの貿易実務検定(B級・C級)講座。初めての人でも短期間で合格を狙うことができるカリキュラムとなっています。

クレアールでは、貿易実務検定(B級・C級)だけではなく、通関士も一緒にねらうことが可能な講座も用意されています。このパック講座は受講料がたいへんリーズナブルでおすすめのコース設定です。もちろん、貿易実務検定に特化した単科コースもいろいろ用意されていますので、まずは資料を請求して確認してみてください。

無料資料請求はこちら » 資格★合格クレアールの貿易実務

サイトだけの情報では完全ではありませんので、必ず資料請求をしてじっくりと内容を確認するようにしてください。当サイトの管理人は、どの資格試験を受験するにしても、最低3校は必ず資料を取り寄せます。(割引チケットなどの特典が同封されていることもありますのでお得です)

どの資格学校も資料は無料で送付してくれます。なお、資料請求を行っても電話勧誘はなく、個人情報の管理は細心の注意を払って行っている資格学校をご紹介しておりますので、心配ありません。





初めての方へ

当サイトは膨大なコンテンツがあります。
超高確率合格法では短期合格のノウハウを紹介していますので、全てお読みになることをオススメします。
公務員や販売士検定を狙っている方は、そのままコンテンツページを参照していただいて大丈夫です。
サイトの全体像はサイトマップを参照してください。