ITパスポート試験(情報処理)のおすすめ資格学校・講座紹介







トップページ » 資格選び総合情報-資格試験比較ガイド » ITパスポート試験(情報処理)

ITパスポート試験(情報処理)

ITパスポート試験(情報処理)の受験情報と当サイトの合格者・訪問者が選ぶオススメの合格講座を紹介しています。

1.試験分析

受験者の傾向

ITやパソコン関連では数多くの資格や検定が存在するが、ITパスポート試験は、情報処理技術者試験であり、国家資格である。

ITパスポート試験は、情報処理技術者試験の中でもエントリー的な位置付けであり、スキルレベル1に相当する能力を問う試験となっている。

対象者は、「職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち、情報技術に携わる業務に就くか、担当業務に対して情報 技術を活用していこうとする者」である。情報処理技術者試験は2009年度より大幅な試験区分の変更がなされたが、ITパスポート試験については旧情報処 理技術者試験の初級システムアドミニストレーターの後継区分である。(ただし、初級シスアドの方がやや高い知識を要求されていた)

初級システムアドミニストレーター(初級シスアド)は、コンピュータを利用する立場での学習が中心であった。ITパスポート試験も初級シスアドの流れを汲み、情報技術を活用するという利用者側の視点に立った出題内容となっている。

難易度

情報処理技術者試験の中ではエントリー資格とあって、それほど難易度は高くない。利用者側の知識として、情報技術全般の用語をしっかりと押さえることがポイントになる。

情報処理の用語は似たものがたくさんあるため、繰り返し覚えていくという単純な作業がポイントになる。用語は取っ掛かりにくいものも多 数あるため、途中で混乱してしまう受験生も多いが、何回も繰り返し復習することで記憶として定着することができる。標準学習期間は初学者の場合には3ヶ月 程度、コンピュータや情報系の知識が予めある場合には、1~2ヶ月程度の短期でも十分に合格を狙うことができる。

2.試験情報

受験資格

誰でも受験できる

試験内容

IT パスポート試験では、情報技術を活用するために必要な共通的基礎知識を問う。試験問題は、各分野から次の比率で出題される。
・ストラテジ系(経営全般):35%
・マネジメント系(IT管理):25%
・テクノロジ系:(IT技術)40%

試験時間・出題形式

CBT試験(※CBTとはComputer Based Trainingの略。コンピュータを利用して実施する試験方式のことです。受験者は試験会場に赴いてコンピュータに表示された試験問題に対して、マウスやキーボードを用いて解答します。)

試験時間:165分

出題形式:四肢択一式
・小問形式(1問につき1設問)
・中問形式(1問につき4設問)

出題数:全100問
・小問形式 88問
・中問形式 12問(3問×4設問)

合格基準

絶対評価試験(将来的には相対評価試験へ移行予定)

次の①、②の両方を満たす場合に合格となる
① 出題3分野(ストラテジ系/マネジメント系/テクノロジ系)ごとの得点がそれぞれ30%以上であること。
② 3分野の合計得点が60%以上であること。

試験日

試験会場ごと指定された日に実施

試験地

全国47都道府県で実施

受験料

5,100円

ITパスポート試験講座-おすすめ資格学校・講座紹介

ITパスポート試験のオススメの通学講座・通信講座・通信教育をご紹介します。

当サイトでは、運営開始から毎日たくさんの方に訪問頂いており、様々な資格講座の情報や資格学校などの情報が蓄積されています。

その中で、実際に勉強をして合格を勝ち取った訪問者の方からの情報や、合格実績、教材の使いやすさなどを総合的に勘案して、「訪問者が選ぶおすすめの講座」をご紹介しています。もちろん、資格指導を実際に行い、自らもいくつもの資格を取得している管理人の評価も含んでいます。資料請求は無料で、さらに資料請求を行うことで様々な特典も無料でもらうことができる、優良講座だけを厳選してご紹介しています。

当サイト訪問者が選ぶ 人気の「ITパスポート試験講座」

ユーキャンのITパスポート講座

通信講座に特化したユーキャンのITパスポート講座。通信教育の最大手だけあって、フォロー体制が充実。詳細はとにかく資料を請求してみれば分かります。

受講料もリーズナブルで、自分のペースで情報処理の勉強を始めてみたい初学者や、たくさんのフォローを望む女性には最適。図表入りの分かりやすいテキストや資料が便利です。

無料資料請求はこちら » ユーキャンのITパスポート講座

【資格の大原】〜社会人講座〜資料請求はコチラ

資格の大原会計系講座に強い資格の大原。大原は専門学校も保有しており、学生への指導実績が豊富。そのため、学生に人気のあるITパスポートに関する指導実績も極めて高いものがあります。

管理人も大原の講座はいくつも受講していますが、とにかくテキストが分かりやすく、問題集が良くできていて本試験での的中問題が多いのが特徴。大原のテキスト類はホント信頼できます。

無料資料請求はこちら » 【資格の大原】〜社会人講座〜資料請求はコチラ

資格の学校TAC<情報処理技術者>各種コース開講

資格の学校TAC会計系の難関資格では圧倒的な合格実績を誇る資格の学校TAC[タック」。TACでは様々な資格講座を開講しています が、情報処理講座はTACの資格講座の中でもオススメの講座で、高い合格実績を誇ります。TACの情報処理講座は、全ての試験区分で講座を開講しており、 業界でも屈指の講座数を誇ります。知識レベルに応じた複数のコースも用意されているため、情報処理の知識がそれほどない初学者でも用語の詳しい解説から説 明してくれるので安心して受講することができます。

全ての試験区分で通信講座が開講していますので、自宅でじっくりと勉強するのには最適、高度区分などの論述式試験の添削も行ってくれます。情報処理技術者試験の区分や内容などが記載された詳しい資料を無料で送付してくれますので、まずは資料請求してみて下さい。

無料資料請求はこちら » 資格の学校TAC<情報処理技術者>各種コース開講

サイトだけの情報では完全ではありませんので、必ず資料請求をしてじっくりと内容を確認するようにしてください。当サイトの管理人は、どの資格試験を受験するにしても、最低3校は必ず資料を取り寄せます。(割引チケットなどの特典が同封されていることもありますのでお得です)

どの資格学校も資料は無料で送付してくれます。なお、資料請求を行っても電話勧誘はなく、個人情報の管理は細心の注意を払って行っている資格学校をご紹介しておりますので、心配ありません。





初めての方へ

当サイトは膨大なコンテンツがあります。
超高確率合格法では短期合格のノウハウを紹介していますので、全てお読みになることをオススメします。
公務員や販売士検定を狙っている方は、そのままコンテンツページを参照していただいて大丈夫です。
サイトの全体像はサイトマップを参照してください。