ビジネス実務法務検定講座のおすすめ資格学校・講座紹介







トップページ » 資格選び総合情報-資格試験比較ガイド » ビジネス実務法務検定

ビジネス実務法務検定

ビジネス実務法務検定の受験情報と当サイトの合格者・訪問者が選ぶオススメの合格講座を紹介しています。

1.試験分析

受験者の傾向

法律系資格検定の登竜門として受験者が増加しているのがビジネス実務法務検定試験。東京商工会議所が主催する検定であり、評価も高い。ビジネスで実践的に 使える知識が多く、社会人の受験者も多い。総務担当者などに人気がある。学生は専門学校生や短大、大学生が中心となっている。1級から3級までがあり、1 級はかなりの難関。

採点方法

絶対評価(マークシート形式による機械採点)

難易度

1級はかなりの難関で、検定試験とはいえ別格。(商工会議所の主催する検定試験はどれも1級は別格であり、2級との差が激しい)
2級、3級はそれほど難易度は高くない。

一般的な勉強期間

1級はかなりの難関で、検定試験とはいえ別格。(商工会議所の主催する検定試験はどれも1級は別格であり、2級との差が激しい)
2級、3級はそれほど難易度は高くない。

2.試験情報

資格の種類

公的検定(商工会議所主催)

受験資格

2級、3級は誰でも受験できる。
1級は2級合格が必要。
※※2級からの受験や、2級および3級を同日に受験することも可能

試験内容(各級のレベル)

3級
レベル:ビジネスパーソンとしての業務上理解しておくべき基礎的法律知識を有し、問題点の発見ができる。(ビジネスパーソンとして最低限知っているべき法律実務基礎知識を想定)
必須とされる対象:社会人全般および学生

2級
レベル:企業活動の実務経験があり、弁護士などの外部専門家への相談といった一定の対応ができるなど、質的・量的に法律実務知識を有している。(知識レベルとしてのアッパーレベルを想定)
必須とされる対象:社会人全般および学生

1級
レベル:業務上必要な法律実務知識をビジネス全般にわたって持っており、その知識に基づいて多面的な観点から高度な判断・対応ができる。(実務的対応能力としてのアッパーレベルを想定)
必須とされる対象:法務部門

合格基準

3級、2級は100点中70点以上で合格
1級は2問で200点中140点以上(ただし、各問50%以上の得点が必要)
※1問で50%未満であった場合、総得点に応じて準1級の認定を受けることができる

試験日

7月:2級、3級
12月:1級、2級、3級
※1級は12月のみ

試験地

全国各地の商工会議所など

受験料

3級  4,320円
2級  6,480円
1級 10,800円

合格率

3級は70~80%
2級は30~40%
1級は10%

ビジネス実務法務検定講座-おすすめ資格学校・講座紹介

ビジネス実務法務検定のオススメの通学講座・通信講座・通信教育をご紹介します。

当サイトでは、運営開始から毎日たくさんの方に訪問頂いており、様々な資格講座の情報や資格学校などの情報が蓄積されています。

その中で、実際に勉強をして合格を勝ち取った訪問者の方からの情報や、合格実績、教材の使いやすさなどを総合的に勘案して、「訪問者が選ぶおすすめの講座」をご紹介しています。もちろん、資格指導を実際に行い、自らもいくつもの資格を取得している管理人の評価も含んでいます。資料請求は無料で、さらに資料請求を行うことで様々な特典も無料でもらうことができる、優良講座だけを厳選してご紹介しています。

当サイト訪問者が選ぶ 人気の「ビジネス実務法務検定講座」

ユーキャンのビジネス実務法務検定講座

通信講座に特化したユーキャンのビジネス実務法務検定講座。通信教育の最大手だけあって、フォロー体制が充実。詳細はとにかく資料を請求してみれば分かります。

受講料もリーズナブルで、ビジ法の勉強を始めてみたい初学者や、たくさんのフォローを望む女性には最適。イラスト入りなどの工夫された教材で、楽しみながらビジネス法務実務の勉強を進めることができます。

無料資料請求はこちら » ユーキャンのビジネス実務法務検定講座

資格の学校TAC<ビジネス実務法務検定>各種コース開講

TAC会計系の難関資格では圧倒的な合格実績を誇る資格の学校TAC[タック」。TACでは公認会計士や税理士など難易度の高い会計系の資格試験で抜群の合格実績を上げています。

TACのビジネス実務法務講座は、その様々なノウハウを活用した講座になっています。ビジネス実務法務検定試験の仕組みや勉強方法などが分かりやすく解説された詳しい資料を無料で送付してくれますので、まずは資料請求してみて下さい。

無料資料請求はこちら » 資格の学校TAC<ビジネス実務法務検定>各種コース開講

サイトだけの情報では完全ではありませんので、必ず資料請求をしてじっくりと内容を確認するようにしてください。当サイトの管理人は、どの資格試験を受験するにしても、最低3校は必ず資料を取り寄せます。(割引チケットなどの特典が同封されていることもありますのでお得です)

どの資格学校も資料は無料で送付してくれます。なお、資料請求を行っても電話勧誘はなく、個人情報の管理は細心の注意を払って行っている資格学校をご紹介しておりますので、心配ありません。





初めての方へ

当サイトは膨大なコンテンツがあります。
超高確率合格法では短期合格のノウハウを紹介していますので、全てお読みになることをオススメします。
公務員や販売士検定を狙っている方は、そのままコンテンツページを参照していただいて大丈夫です。
サイトの全体像はサイトマップを参照してください。