弁理士講座のおすすめ資格学校・講座紹介







トップページ » 資格選び総合情報-資格試験比較ガイド » 弁理士

弁理士

弁理士の受験情報と当サイトの合格者・訪問者が選ぶオススメの合格講座を紹介しています。

1.試験分析

受験者の傾向

理系の最高峰の資格が弁理士試験。最近は国際化が進み、企業の知的財産権に高まるニーズはきわめて高い。そのため、注目されているのが弁理士である。受験者は理系出身者が大半で、近年では女性の受験者も増加している。

受験資格がないことや、試験評価が絶対基準など特色のある試験である。最近は合格者も増加傾向なので、理系出身者にはおすすめの資格と言える。ただし、難易度は弁護士や司法書士に次ぐ難関資格である。

採点方法

絶対評価試験。合計で60%以上の得点で合格することができる。(ただし、1科目でも50%未満の科目があると合格することは出来ない)

司法試験をはじめとする難関資格では合格者の人数が決まっているケースが多いが、弁理士は合格基準が明確であり、その基準をクリアすれば合格者の人数に制限はない。よって、近年は合格者が増加傾向である。

難易度

司法試験を文系資格の頂点とすれば、弁理士試験は理系資格の頂点である。最近は合格者が増え、試験制度の改正や科目免除制度の導入などにより受験しやすくはなっているものの、難易度は高い。

一般的な勉強期間

最低でも2年は必要とされ、3年以内であれば短期合格と言える。勉強内容が特殊な専門分野であり、かつ長期間学習している受験層も多いことから、2~3年が目安。それでも早い方だといえる。

2.試験情報

資格の種類

国家試験

活用方法

独立、就職、転職、その他
特許、実用新案、意匠や商標の出願代行は独占業務。また、これらの権利侵害に対する審理請求や紛争仲裁の代理もできる。企業の知的財産権に関するニーズはかなり高く、独立して十分にやっていける資格である。

受験資格

誰でも受験できる

試験内容

短答式試験
論文式試験
口述試験
※短答式試験に合格すると論文式試験を受験できる。論文式試験に合格すると、口述試験を受験できる

(短答式筆記試験の内容)
工業所有権法(特許、実用新案、意匠および商標に関する法令)、条約および著作権法、ならびに不正競争防止法
(論文式筆記試験)
必須科目:工業所有権法(特許法、実用新案法、意匠法、商標法)
選択科目:地球工学、機会工学、物理工学、情報通信工学、応用化学、パイオテクノロジー、弁理士の業務に関する法律)の7科目のうち、あらかじめ任意に1科目を選択

合格基準

60%以上の得点で合格

試験日

短答式筆記試験5月下旬
論文式試験必須科目7月上旬
論文式試験選択科目7月下旬
口述試験10月中旬

試験地

毎年1回実施。
短答式:東京、大阪、仙台、名古屋、福岡
論文式:東京、大阪
口述式:東京のみ

受験料

1万2千円(平成17年)

申込期日

8月上旬~下旬

弁理士講座-おすすめ資格学校・講座紹介

弁理士のオススメの通学講座・通信講座・通信教育をご紹介します。

当サイトでは、運営開始から毎日たくさんの方に訪問頂いており、様々な資格講座の情報や資格学校などの情報が蓄積されています。

その中で、実際に勉強をして合格を勝ち取った訪問者の方からの情報や、合格実績、教材の使いやすさなどを総合的に勘案して、「訪問者が選ぶおすすめの講座」をご紹介しています。もちろん、資格指導を実際に行い、自らもいくつもの資格を取得している管理人の評価も含んでいます。資料請求は無料で、さらに資料請求を行うことで様々な特典も無料でもらうことができる、優良講座だけを厳選してご紹介しています。

当サイト訪問者が選ぶ 人気の「弁理士講座」

資格の学校TAC<弁理士>各種コース開講

Wセミナー司法試験や司法書士などで圧倒的な合格実績を誇る早稲田セミナー(Wセミナー)。現在は、資格の学校TACのブランドとして、主に難易度の高い法律系資格をメインに講座を開講しています。

Wセミナーの弁理士講座は、長い歴史を持ち、短期間で合格者を輩出するノウハウを持っています。 弁理士講座を開講している資格学校は限られていますが、その中にあって、難易度の高い弁理士に毎年多数の合格者を輩出しているのは、資格の名門であるWセ ミナーのノウハウが特徴的だからです。弁理士試験の受験生は必ず資料請求するスクールの一つです。

無料資料請求はこちら » 資格の学校TAC<弁理士>各種コース開講

弁理士

LECLEC(東京リーガルマインド)と言えば、法律系に強い資格学校として有名です。長い歴史の中で、法律系資格の合格ノウハウが蓄積されています。弁理士試験は相当な難関ですが、LECでは毎年数多くの合格者を輩出しており、弁理士受験生の間ではその合格実績に定評があります。弁理士を目指すならば必ず検討する資格学校といえます。弁理士は専門的かつ特殊な勉強内容が多い試験ですが、LECなら初学者でもスムーズに学習ができるようにカリキュラムが工夫されています。

LECではインターネットから様々な情報を入手でき、受講の申込もサイト上で行うとポイントが還元され、とてもお得となっています。

無料資料請求はこちら » 弁理士

サイトだけの情報では完全ではありませんので、必ず資料請求をしてじっくりと内容を確認するようにしてください。当サイトの管理人は、どの資格試験を受験するにしても、最低3校は必ず資料を取り寄せます。(割引チケットなどの特典が同封されていることもありますのでお得です)

どの資格学校も資料は無料で送付してくれます。なお、資料請求を行っても電話勧誘はなく、個人情報の管理は細心の注意を払って行っている資格学校をご紹介しておりますので、心配ありません。





初めての方へ

当サイトは膨大なコンテンツがあります。
超高確率合格法では短期合格のノウハウを紹介していますので、全てお読みになることをオススメします。
公務員や販売士検定を狙っている方は、そのままコンテンツページを参照していただいて大丈夫です。
サイトの全体像はサイトマップを参照してください。