1級販売士過去問






トップページ » 1級販売士対策 » 商品計画と商品予算-1級販売士第31回過去問

1級販売士第31回過去問「商品計画と商品予算」(平成16年2月18日)

第1問 (正誤問題)

ア 商品ラインごとの商品計画を実施するに当たっては、流行商品ではベーシック・ストック・オーダーリストを、恒常商品ではモデル・ストック・プランを作成し、管理するのが一般的である

イ 恒常商品を取り扱う際に、長期にわたる安定供給が不可能な商品や在庫が乏しく再発注に応じられないような商品は、仕入価格や仕入条件等がどんなに有利であっても取扱対象とすべきではない。

ウ モデル・ストック・プランを作成する目的は、商品ラインごとに、バランスのとれた望ましい品目構成と品目別在庫高を維持することである。

エ 商品回転率は、実績値から算出されるために、次年度の予定商品回転率を推定することはできない。

オ あらゆる消費者ニーズに対応するために流行商品を取り扱う際には、多種多様の品目を大量に仕入れ、長期間ストックすることが必要となる。

第2問 (文章穴埋め問題)

[問題] 年間商品計画に基づき、販売する商品の商品コンセプトと対象セグメントが決まったら、商品系列ごとの商品構成を定め、競合他店も参考にしながら[ア]を決める。また、[イ]と販売期間の関係を示す[ウ]面から商品構成をみることも重要である。例えば、[エ]期に達した商品は[オ]を開始するなど、[エ]期間中になるべく全品を処分することが望ましい。

[語群]
1 売上
2 市場成熟
3 在庫維持コスト
4 対象年齢層
5 プロダクトライフサイクル
6 品質
7 市場成長
8 価格帯
9 需要弾力性
10 値下げ

第3問 (組み合わせ問題)

[問題]

ア 仕入商品ごとに計上される費用の額が極小となる仕入数量

イ 値引価格等を含めた純売上高の総額と売上原価の差額

ウ 純売上高から売上原価を引いた差額を純売上高で割ったもの

エ 商品を仕入れた時の数量や金額等によって仕入先から払い戻される現金あるいは商品

オ 販売後の顧客からの返品

[語群]
1 仕入割引
2 初回値入
3 経済的発注量
4 仕入値引
5 売上総利益率
6 売上戻り
7 実現値入

第4問 (正誤問題)

ア マーチャンダイジングサイクルとは、仕入や商品計画、販売の主な3つの業務とそれらをつなぐ関連業務によって構成され、その出発点には仕入が位置付けられる。

イ セグメンテーションの基準には、地理的変数や人口動態的変数、行動変数、それにライフスタイルや価値観などのサイコグラフ的変数がある。

ウ 商品構成を考える場合、今日の消費需要の多様化や店舗・商品選択の個別化に対応できるように、取扱商品の総合化を図る方がよい。

エ 小売業や棚卸業にとって、在庫は販売や利益創出の原点である。

オ 基準在庫法とは、年間平均在庫高に当該月の販売高予算と月平均の販売高予算の差額を加算または減算して求める月初適正在庫高の算定方式をいう。

第5問 (文章穴埋め問題)

[問題] 企業が売上を増大するための商品政策には、[ア]の引き上げと[イ]の増加の2つの方向性がある。[ア]の引き上げは、商品の[ウ]や店舗内環境およびサービスの向上によって達成され、[イ]の増加は商品の低廉化を図ることなどによって達成される。また、広告による[エ]のアップや販売促進活動による顧客1人当たりの[オ]の増大も、間接的に売上増大に貢献する。

[語群] 
1 高級化
2 売上値引
3 商品アイテム
4 販売単価
5 資本回転率
6 多品目化
7 誘客率
8 付加価値
9 平均購買単価
10 販売数量

第6問 
(記述-解答欄は1つにつき一行で記述)

小売業や卸売業は、経済社会に対して需給バランスを維持・安定させるというマクロ経済的機能を有しているが、それ以外の重要な機能を3つあげ、それぞれ解答欄に簡潔に記載しなさい。

第7問 (記述-200字マス目)

カテゴリーマネジメントの定義と実施上の留意点について、それぞれ解答欄に簡潔に記入しなさい。

模範解答 (記述問題は省略)

 
第1問 2 1 1 2 2
第2問 8 1 5 2 10
第3問 3 7 5 1 6
第4問 2 1 2 2 1
第5問 4 10 1 7 9


1級販売士第31回過去問題(H16年2月18日)

販売士検定情報サイトNo.1

おかげさまで販売士の情報量No.1! 3級から1級まで対応しています。
2008年の運営開始から更新を続け、情報量が多くなっております。販売士合格へ向け有効にご活用いただくために、サイト内をゆっくり循環して散らばった宝の情報を掘り当ててください。基本的には、各級ごとに情報をまとめてあります。