公務員試験の勉強へのアプローチ(勉強方法)|公務員試験の合格ポイント

公務員試験の勉強方法







トップページ » 公務員試験超高確率合格法 » 公務員試験の勉強へのアプローチ

公務員試験は資格試験と同じ勉強方法が効果的

公務員試験は筆記試験の攻略が最も重要になります。

そのため、筆記試験で高得点あるいは上位を狙うことができる勉強方法をすれば良い、と言うのが結論です。

では、具体的にどのような勉強方法をすれば、それが実現できるのでしょうか。

答えは、資格試験の勉強方法に隠されています。もっと言えば、資格試験と同じように勉強すれば、簡単に上位に食い込むことが可能です。実際に、資格試験の勉強方法をそのまま活用して公務員受験生に指導したところ、驚異的な合格率を叩き出すことが可能となりました。

公務員試験は一種の就職試験ですが、その出題形式や採点方法は資格試験と全く同じです。具体的には、配点のカラクリなども資格試験と同様と考えて良いでしょう。

ですから、公務員試験の勉強方法に、資格試験の勉強方法を取り入れることで、公務員試験の筆記試験に高得点でかつ上位でパスすることが可能となります。

詳しい勉強方法については、資格試験と同じですから、詳細は資格試験高確率合格勉強法を参考にしてください。ここに記載されている勉強方法を活用するだけで、かなりの高確率で筆記試験はパスすることが可能です。

資格試験に合格するためには、いくつかのポイントがありますが、その中でも公務員試験に当てはめた場合、公務員受験予備校を活用することが合格のための重要な要素です。資格試験高確率合格勉強法でも、独学ではなく資格学校の講座を利用することを推奨しています。

特に、公務員試験の場合、公務員受験予備校の活用をオススメします。その理由は、

     
  • 国家公務員試験の受験者層はそれなりに厚い
  • 地方公務員試験では公務員受験予備校がない地域もあり差をつけられる

公務員試験を目指す基準としては、国家公務員をベースにするのが妥当です。国家公務員試験の対策をしっかりとしておくことで、地方公務員試験にも対応できますし、勉強内容は大差ありません。

しかし、国家公務員試験には現役の大学生から社会人まで多くの受験生が存在するため、その受験者層は厚くなっています。

また、受験者が全国に存在することから、多くの公務員受験生が何らかの公務員受験予備校あるいは公務員試験対策を行っている資格学校の公務員講座を受講しています。その中で、上位の得点あるいは順位で筆記試験を通過しようと考える場合、やはり独学では不利となってしまいます。

公務員試験の勉強内容は、一度講義を受けたり、それなりの知識があればあとは繰り返し問題を解くだけですから、それほど難しいものではありません。

また、最近の公務員試験は過去問題が繰り返し出題される傾向にあり、大学入試のように一定の解法テクニックを身に付けることでかなり有利に勉強を進めることが可能です。これらの講義を聴いて内容を理解したり、テクニック的なことを独学で身に付けるのは至難の技です。

さらに、公務員受験予備校の絶対数は資格学校に比べ低いもので、全ての地域に存在するわけではありません。ですから、仮に公務員受験予備校でしっかりと勉強をすることが出来れば、地方公務員を受験する人にとっては極めてチャンスが広がります。

ライバルとなる人は、基本的にはその地方の受験者が大半を占めるため、それほどの勉強をこなしきれてはいません。

そこに、しっかりと公務員受験予備校で勉強をしてきたあなたが一緒に受験をしたとしたら・・・しかも、あなたは地方公務員よりも少し難しいとされる国家公務員試験のための対策をしっかりとしていたとしたら・・・、イメージしてみてください。

昔は公務員試験のために公務員受験予備校や資格学校を利用するということはあまりなかったようです。多くの受験生が書店で問題集やテキストを購入していわゆる独学で勉強に励んでいました。今でも、そのような受験生は多いです。

しかし、この不況下で公務員人気が高まるにつれ、倍率は低くなっても受験者の質が低くなっているということではありません。東京大学の倍率はそれほど高いものではありませんが、だからと言って簡単に東京大学に入学できるわけではありません。

倍率というのは、異なる試験を横断してその難易度を的確に把握するのは困難です。それは、そもそも受験する受験生のレベル等が異なるからです。

ですから、多くの公務員受験生が公務員受験予備校を利用している前提で、自分も利用した方が賢明です。資格試験のように、趣味でダラダラ勉強して、いつか合格できれば良いという性質のものでは公務員試験はありません。受験すると決めたら、必ず1回で合格する必要があります。

地方に居住している受験生は、自分の居住地に公務員受験予備校あるいは資格学校がないため、他の人も独学で勉強していると考えている、つまり、自分の地域には公務員予備校がないから、市役所の試験はみんな独学で勉強してきた受験生だ、などと考えている人も中にはいますが、それは錯覚です。

多くの受験生は、通信講座などで公務員試験の勉強をしている事実をしっかりと知っておく必要があります。




公務員試験に合格するためのポイント


初めての方へ

当サイトは膨大なコンテンツがあります。
超高確率合格法では短期合格のノウハウを紹介していますので、全てお読みになることをオススメします。
公務員や販売士検定を狙っている方は、そのままコンテンツページを参照していただいて大丈夫です。
サイトの全体像はサイトマップを参照してください。