公務員試験の勉強継続が難しい理由|公務員試験の特徴

公務員試験に勝つ最大のポイントは勉強を続けること







トップページ » 公務員試験超高確率合格法 » 公務員試験の勉強継続が難しい理由

公務員試験の勉強が続かない理由とは

公務員試験の勉強が続かない、あるいは気合が入らない理由にはいくつかありますが、その中でも特に多いと思われるものを挙げてみます。

もし、あなたが公務員試験に挑戦していて、同じような症状にある場合には少し考え方を変えてみてください。これから公務員試験に挑戦しようと思っている人は、勉強を継続するために以下のようなパターンにならないことが重要です。

勉強内容に疑問を感じる

難しい理由には複数の解釈がありますよくあるケースです。公務員試験では、多くの場合、教養科目と専門科目があります。難しい(つまり、レベルの高い公務員)公務員試験になればなるほど、試験科目の内容が増える傾向にあります。

一般教養では、数的処理や自然科学などの勉強をしなくてはならないこともあり、「なぜ、公務員になるためにこのような勉強をしなければならないのか?」と勉強を続けているうちに疑問に思う人が多いようです。

この結果、嫌気がさし公務員試験をあきらめてしまうという人は少なくありません。

しかし、公務員には職務上一般的な基礎知識が要求されることを考えれば、このような勉強は必要だ、と割り切ることが必要になります。

数的処理をいくら勉強したところで、それがどのように役立つのか?というアプローチをとってしまうと、バカバカしくなる可能性が高いです。もっと単純に言えば、公務員になるためには「この勉強をしなければならない」と考えることも時には必要でしょう。

その時に、こんな勉強をするくらいなら公務員になりたくない、と思うならば、それは残念ですがあきらめるしかありません。ただ、その勉強さえすれば公務員になることができることもまた事実です。その勉強をするだけで、基本的には将来安定した生活を手に入れることができ、そして広く人々のために仕事を通じて貢献できることができます。

数的処理などのあまり意味のない勉強で、かつ難しいとなるとやる気も出ず、継続することが難しいですが、勉強そのものは難しくありませんから、ここでは割りきりが必要です。

落ちた時のことを考えてしまう

公務員試験の場合、いわゆる就職活動です。ですから、公務員試験に合格できないということは、就職活動の失敗を意味し、1年を棒に振るということになる可能性もあります。

そこから回避するために、公務員試験と民間の就職試験を並行して行い、民間の就職活動が成功したら、公務員試験はどうでもよくなってしまう、というケースがあります。

この場合、その民間企業に就職することが自分にとってベストな選択ならば何も問題がないわけです。しかし、民間企業での業務や人間関係に行き詰まり、退職をして再度公務員試験を目指すという人がとても多くなっています。

公務員になりたいと思ったら、やはり公務員になるために徹底して勉強をしてみることです。なかなか公務員試験の勉強をしている時は気付きませんが、公務員試験の勉強をできることだけでも幸せなことですし、そのようなチャンスが何年も続くわけではありません。

資格試験は多くの場合年齢の上限はありませんから、いったん中断しても再開して合格を目指すことは可能です。一方で公務員試験は最近では年齢制限が緩やかになってきましたが、それでも一定の制限はあります。中には、高校卒業と同時にでなければ受験できないような公務員試験もあります。

公務員になるためのチャンスは無限にはありません。基本的には有限です。下手に民間企業を天秤にかけ、妥協した結果、あとで後悔することは避けなければなりません。実際に後悔している人は数え切れないほどいる事実をあらかじめ良くしっておくことです。失敗した人から学ぶことは意外と多いのです。

そして、落ちるかもしれない・・・と弱気にならず、必ず合格するという考え方を持つことが重要です。公務員試験はそれほど難しい試験ではないのですから。

勉強方法を忘れた

公務員試験は大学入試や高校入試と基本的には同じ勉強方法で十分に合格することが出来ます。そこに、資格試験での合格するためのノウハウを取り入れると、相当な高確率で合格することが可能になります。

しかし、大学では遊び呆け勉強方法を忘れた・・・、いったん社会に出たため勉強方法を忘れた・・・という人は結構います。また、既に学生ではないので大半の受験生が学生である公務員試験に自分が合格できるはずはない、と考える社会人も多いです。

しかし、勉強方法を忘れた学生でも、社会人でも勉強方法を思い出せば良いことです。また、効率的な勉強方法を知りたければ当サイトでふんだんに勉強方法を公開しています。勉強方法というのは一種のスキルですから、身体が勝手に覚えているという側面もあります。

勉強方法を忘れたと言っても気にしないで、ゴリゴリ公務員試験の勉強を進めていくことが合格への近道です。最初から成果を求めると挫折する可能性が高くなります。勉強の成果はそれほどすぐには現れないということを改めて認識しておく必要があるでしょう。




公務員試験の特徴を知る


初めての方へ

当サイトは膨大なコンテンツがあります。
超高確率合格法では短期合格のノウハウを紹介していますので、全てお読みになることをオススメします。
公務員や販売士検定を狙っている方は、そのままコンテンツページを参照していただいて大丈夫です。
サイトの全体像はサイトマップを参照してください。